藩士の珈琲

「それは一人の藩士から始まった」 日本にコーヒーが輸入される前、蝦夷地(北海道)ではコーヒーは薬として飲まれていました。北方警備中の厳しい寒さと栄養不足のなか、コーヒーを浮腫病の予防薬として故郷に思いを馳せて飲んだとされます。尊い命を救ったコーヒーを再現したの藩士のコーヒーです。
販売価格 1,050円(本体972円、税78円)
購入数


おすすめ商品


藩士の珈琲

1,050円(本体972円、税78円)


詰め合わせギフト

2,285円(本体2,116円、税169円)


山口農園(100g)

594円(本体550円、税44円)


SINZAN

656円(本体607円、税49円)


ドリップ珈琲エコパック

1,080円(本体1,000円、税80円)


Top